忍者ブログ
管理人の日常メインに、時々らくがき
Admin / Write / Res
<< 08   2017/09   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30     10 >>
[225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215
[PR]
2017/09/24 (Sun) 22:53
Posted by めにめに
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/10/16 (Thu) 15:24
Posted by めにめに
連載してる雑誌は花と◎め、だったと思う。
…特に気にしてる作品でもない、というか知らなかったので記憶あやふや。




内容的には、衣装とか建物とか見る限り中華風味なファンタジー世界を舞台にした、姫という立場を追われた主人公が、従者だった幼馴染みと、更には古の龍の能力を持つ物達と共に王だった父を殺した仇敵に立ち向かう…な感じ。



某所で、立ち読みを3巻までしてみた結果。
まぁ…全部読むほどじゃないか、と。
で、今ちょうど深夜枠でアニメ化されてるから、それを見て補充してるっていう。


何を補充してるかって?





原作で 説明不足 だった箇所を アニメが補足 してるから、それを。



……言っていい?
なんで原作が、こんなに説明不足なの?
アニメがそれに対して、どうして懇切丁寧…とは言わないけど、その箇所を補ってるわけ?
や、アニメのほうが優秀ってことだろうってのは簡単に説明できるな、って思うんだけど。






作者! いや、むしろ漫画家の担当だ!




抜けてるところ、ちゃんと指摘しなさいよ!
何その、主人公のピンチに、何の前振り無しに、もしくは後の説明なしに、従者がやってきて助けてるのよ?
どうやってこいつ、姫のピンチ気付いたんだろう?ってずっと不思議だったよ。
でも、原作じゃちっとも説明なかった。
スルーして展開していったな。
多分、4巻以後も小さなことはスルーしてるんじゃないか?と、思っちゃう。
アニメの1話目のラストが、唐突に姫がピンチ状態でそれを従者が助けにきたっていう形だった。
まるで原作みたいじゃないか、と思って見終えたんだけど2話目でその辺りちゃんとお話拾って説明してくれたから、よしとしたよ。
というか…分かった。原作が抜け作になってる部分をちゃんとアニメはフォローしてくんだってのを。


……頼むから、作者も担当さんもそういうミスやめてね。
読み手が非常に気持ち悪いから。
(ちょっと読み返してきた。…言葉だけで簡単に説明して終らせたつもりっぽい。あかんやん。あれ、ただの従者の感想であって作者が具体的に説明してないもん)


でまぁ、レビューとか見てみたら色々突っ込まれて評価が低かった (≧∇≦)
中華風やのに、名前が朝鮮系っておかしくないか?とかなんとか。
そうか、私はそういうの疎いからわからへんかったけども、そうやったんか、と。

とりあえず、なんていうか…お金出すほどじゃない作品ていうのは結構転がってるものだってのは知ってるけど、特に作者のファンじゃない作品の場合は引っ掛かる箇所が一つでもあったら買っちゃいけないんだと改めて思ったのでした。


アニメのほうでのんびりその後の話を確認して終了だなーと。
あ、そうそう。
ばらかもん」のスピンオフ作品の「はんだくん」。かなり好き。
でも「ばらかもん」は……未読 オイッ!ヽ( ゚Д゚)ノシ☆(´д`)ノ

拍手

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[10/01 ぽと]
[07/28 やぁま]
[04/30 ぽと]
[12/13 歩登]
[11/27 やぁま]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
めにめに
性別:
非公開
自己紹介:
当ブログをリンクしたい方へ
必要であれば、ご利用ください。
バナー
** http://clishe.cafemix.jp/bn/banner.jpg
こちらのアドレスでの直リンク推奨です。
ブログのアドレスでの直リンクはご遠慮ください。
blog parts
色々ブログパーツ


Copyright ©  ふたご座流星群 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]